読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログに書く事がない

早いもので2013年も残すところあとわずかですね。

特技はブログの放置プレイです。

 

色んな人のブログや、ネット記事、2ちゃんねるなど

ネット徘徊は毎日のようにして、たくさん文章を読んではいるんだけど

どうも自分で書きたい事がなく、自分のブログにログインしては

何も書かけずにログアウトするというのを繰り返してました。

 

友達とサイトを作ってcgiで日記を公開していた中二病時代は

あんなに楽しく文章を書いていたのに、すっかり受け身になってしまってなあ…

何でもいいから書かないと、さらに文章が書けなくなるなーと

ぼんやり危機感は感じてます。

 

手帳に細々と日記を書いてみたり、非公開ブログに体調やメモを書いたりは

しているんですが、公開ブログにとなると「…書く事ないよなあ」と

そっとノーパソを閉じるのです。

 

まあいいんだ。書きたくなったら、またどうでもいい日常を書くまでさ。

 

【備忘録】ブラビア(テレビ)がHDDレコーダーとPS3を認識しなくなった【対処法】

テレビ周りを整理していた際に、

何の気なしにブラビア(KDL-32F5)に接続していた

HDDレコーダー(BDZ-AT950W)とPS3のHDMIケーブルを入れ替えたところ

ブラビアがHDDレコーダーとPS3の両方を認識しなくなりました。

※テレビの入力切替をしても画面真っ暗の状態でした。

 

原因はよく分からないのですが、下記の方法で無事認識するようになったため

備忘録と同じように困っている人の参考になればと記しておきます。

 

 

(1)ブラビア、HDDレコーダー、PS3全ての電源を切る

(2)ブラビアの電源ケーブルを抜く

(3)HDDレコーダー、PS3の電源ケーブルを抜き、しばし放っておく

(4)HDDレコーダー、PS3の電源ケーブルを挿す

(5)ブラビアの電源ケーブルを挿す

(6)ブラビアの電源を入れる

(7)HDDレコーダー、PS3の電源を入れる

以上です。

 

 

いやー、取説ひっくり返したり、必死にググってみたり

修理が必要なのかと焦りましたが、とにかく直って良かったです。

なんだかよく分からないままなので、いまいちスッキリしませんがね。

 

 

 

はてなブログへ移行

はてなダイヤリーからはてなブログへ移行させてみました。

iPhoneのアプリも出たそうですし、色々使ってみたいと思います。

 

年明けから仕事がとても忙しくて、

午前様続き、休日出勤続きでヘロヘロです。

 

いい加減疲れもたまってきたので

今日はなんとか早めに終わらせて、気分転換に買い物へ。

セール中でブーツ2足買っちゃった。なんだか気分がスッキリした。

次に休みが取れたら、服を買いにいこう!

 

口を開けば愚痴がこぼれだしそうで

今はすべてを忘れて休もう。

 

無事、この仕事が終わりますように。

足りない部分もたくさんあるけど、私らしく最善を尽くそう。

すーちゃん

あっという間に、お正月も三が日を過ぎましたね。

生活リズムがどんどん崩れております。休み明けが今から憂鬱です。
夜に強いので、つい夜更かしして油断するとすぐ昼夜逆転してしまうんですよー。困ったもんだ。



ずっと気になってたけど、なんとなく買っていなかった
「すーちゃん」という四コマ漫画を買いました。


これと↓

すーちゃん (幻冬舎文庫 ま 10-2)

すーちゃん (幻冬舎文庫 ま 10-2)

これ↓

結婚しなくていいですか。―すーちゃんの明日 (幻冬舎文庫)

結婚しなくていいですか。―すーちゃんの明日 (幻冬舎文庫)


共感できる部分が多かったことと、主人公であるすーちゃんのさっぱりしていて、
自立しようとする考え方が、とても好きだなーと思いました。面白かったです。
もちろん人間だから弱る時もあるけれど、すーちゃんの人に依存しまいとする姿(でも力んでない感じ)は
周りに影響を受けやすく、依存の気がある私には、素敵に見えました。


■気に入った場面、その1。
すーちゃんが働いているカフェの店長にならないかと
現店長から打診を受け、それを受けるかどうかを検討する際の言葉は
目から鱗がボロボロボロっとなった。

自分の気持ちが見えていないときに
迷っていることを人に相談はしない
自分の答えが薄まってしまう

自分で迷って考える
そうやってきたから
ずっとそうしてきたことを
正しいと思ってるあたしがいる


私は「自分だけで考えて決める」ってどのくらいできてきただろう、とつい考えてしまう。


■気に入った場面、その2。
すーちゃんがお風呂に入るときの言葉。

今風呂に入ることは正しいことだ


悩んでいるときなどに、何はともあれ明日はやってくる。まず風呂に入ろう。という感じで
すーちゃんは上記の言葉とともに風呂に入って寝支度を整える。
つい面倒で風呂を後回しにしがちな私もこれをマネしたら
サッと風呂に入りに行けそうな気がするので、気に入った。
うん、その選択は正しいよ、すーちゃん。



私もいい加減寝ることにしよう。
今寝るのは正しいことだ。

ざっくり2012年

さっそく放置してたわ…
今年も一体何回更新するやら。


せっかくなので、今週のお題(転々としながら長いことはてなダイヤリーしてるけど、初めての参加!)より
2012年を、ざっくり振り返ってみる。


今週のお題「2012年、どんな年だった?」


2012年の印象的な出来事は、やはり流産かなあ。(いきなりこういう話題ですみません)
他に大きなイベントがなかったというのもあるけれど
自分の中ではとても大きな出来事だった。
未だに思い出しては悲しくなるし、泣けるけど、しょうがないよね(と思うしかない)。

生活力をつけることと、親になる自覚を育てることが
いなくなってしまった赤ちゃんへの慰めと、
今後私たちのもとに来てくれる赤ちゃんのためになるのなら、私は頑張りたい。
そういうこともあってか、以前よりは生活に目を向けるようになった年だと思う。

時にキャパオーバーになって、旦那に喧嘩を売ってしまうこともあるけど
「私が」しないとという気持ちに前よりもなってる。(母になるためにできるようにならなきゃ、という感じで)

今年はもっと生活水準(経済的な意味ではなく、生活そのものの質)を上げたいな。
今は大人2人(ともにズボラ)でたのしーく好き勝手に生活しているので
改めて親が当たり前にしている生活の凄さを感じるし、見習いたい。


あとは箇条書きでサクサクと2012年を振り返る。

・10月頭の3連休で旦那と鳥取へ。米子に宿泊して、大山に行った。
 大山(とお寺と神社)がとても気持ちよく、旦那は鳥取のたら(魚)をたいそう気に入ってた。
・仕事の出張をきっかけに、先輩と少し仲良くなれたことが嬉しかった。
・休日返上の忙しさを久々に味わう(まだその仕事終わってないけどね・・・(=休日返上続行)
・年末に友達と会う予定だったのに、嘔吐下痢症で見事キャンセルに。
 熱がなかなか下がらず、水下痢が3日続いてしんどいし、約束をキャンセルしたくなくて泣いた。
・私たち夫婦と両親、弟で玉造温泉に行ったのは楽しかった。温泉の良さを改めて実感。
 1泊のみだったので、もう1泊したかったなあ。


正直、すでに忘れてしまっていることが多くて年末の出来事が多めな感じですが、2012年はこんな感じでした。
悲しいこともあったけれど、基本的には旦那と楽しく過ごせたので、幸せな1年でした。
今年も旦那と楽しく暮らしていきながら、子どものこととか仕事のことを考えていきたいなと思います。



家庭と仕事の両立については、本当に悩みや葛藤が尽きないんですが
この記事を書いてみて、改めて私は「(仕事はもちろん大切だけど)家庭を優先したい」んだなと気付きました。